スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作り化粧水 

化粧水を変えたら湿疹が出るようになってしまった
しかし、
・今まで使っていた化粧水はアメリカでは売っていない
・化粧水のどの成分に反応しているのか分からない
・アメリカの化粧水(トナー)を使ったら、また湿疹が発生しそうで怖い
仕方ないので超シンプルな化粧水を自分で作ることにした。

材料 
・グリセリン
・精製水(purified water)
purified_water.jpg

グリセリンはWholeFoodsで購入。5ドル40セント。ネットならばもっと安く買える。
精製水は英語で purified water といい、飲料水売り場に置いてあるらしい。だが、ドラッグストアでは見つけられなかった。
ところが毎日飲んでいるボトルウォーターのラベルをふと見てみたら「purified water」と書いてある!なんとアメリカでは purified water は飲料水としてスーパーで売られているのであった。
精製水は285mlx12本で2ドル50セントで購入。

作り方
1.ボトルの中の精製水を残り90ccになるように捨てる(もったないので水筒に移してる)
2.ボトルの中にグリセリンを5cc加える(さっぱりめ)
3.ボトルを振って混ぜる

注意
防腐剤が入っていないので日持ちしない。
冷蔵庫で保管し、1週間で使いきること。

スポンサーサイト

顔に湿疹 

4月中旬ごろから顔に2種類の湿疹が発生するようになってしまった。

(1) 肌色のかゆい湿疹。フェイスラインに発生して2時間ほどで消える。
(2) 赤色の痛い湿疹。オテモヤン部分だけに発生して何日間か残る。

どちらも洗顔後に発生する。このころ、いくつか化粧品を変えたので原因に心当たりはある。変えたのは以下の3つ。この変化に肌がついていけなかったのかなあ。

・石鹸
・化粧水
・MMU

(1)のほうのかゆい湿疹は、化粧水をやめたら一発で直った。この化粧水、去年の夏に使ったときは問題なかったのに。でも今年初めて開封したときにアルコール臭がきつくて頬がヒリヒリした。肌が刺激に弱くなったのかも。
化粧水なしでは頼りない、でもアメリカの化粧水(トナー)を使ったらまた湿疹が発生しそうで怖い。どの成分に反応しているかも分からない。仕方ないので手作り化粧水を作ることにした。あー、面倒だ。

(2)のほうの痛い湿疹は、石鹸を変えても化粧水を抜いても発生する。MMUを塗らなくても発生する。
乳液との相性が悪いのかと思って乳液を抜いても発生する。
超シンプルな手作り化粧水を使っても発生する。
しかも同じ化粧品の組み合わせでも、発生するときと発生しないときがある。

原因が分からないのでネットで調べてみると、(2)の痛い湿疹はどうも乾燥が原因っぽくて、乾燥には熱いお湯での洗顔はNGらしい。
そういえば洗面台の水で洗顔したときには発生しない気がする。試しに熱いお湯での洗顔をやめたら、湿疹の発生が減った。どうもコレが原因だったらしい。

で、湿疹を防ぐために、お肌のお手入れ方法を変更せざるをえなくなった。

今までのお手入れ(ニキビ防止が最優先。ベタつき苦手)
・シャワーをあびるついでに熱いお湯で洗顔
・さっぱりタイプの化粧水(日本製)
・ニキビを防ぐタイプのオイルフリー乳液を1滴(日本製)

変更後のお手入れ(湿疹防止が最優先)
・シャワーをあびるついでにぬるいお湯で洗顔(冬はツラそう・・・)
・洗顔するときに頬は泡をのせるだけ。ただし化粧(MMU)したときは洗う。
・手作り化粧水(グリセリン+水だけ)
・セタフィルのクリームをちょっぴり(ひざ下の乾燥性湿疹に使えるかと思って買ってあった)

今のお手入れにしてから湿疹は減ったが、顔がチクチクかゆくなるし、小さなニキビがたくさんできる。たぶんセタフィルが原因だろう。超シンプル化粧水と敏感肌用クリームを使ってこの状態なのでしょうがないか。クリームの代わりにオイルを使ってみるかなあ・・・頬以外はオイリー肌なので抵抗があるけど。

追記
1ヵ月後に市販の化粧水を使ってみた。すぐにかゆい湿疹が発生した。
2ヵ月後に市販の化粧水を使ってみた。かゆい湿疹がときどき出るが、我慢できる程度だったので、市販の化粧水に戻った。それと、セタフィルのかわりにグレープシードオイルを使うことにしたら、チクチクと小粒ニキビが減った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。