スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔に湿疹(2) 

今年の4月に、顔に赤い湿疹が大量発生した。
去年の同時期にも大量発生している。この時期は花粉が大量に舞う。その花粉を撒き散らす木が家の前に4本も立っている。ということは、花粉が原因かも?
もともと目、鼻、喉は花粉アレルギー持ちなので、可能性は高そう。
来年も発症したら確定だな。

スポンサーサイト

ファンデの色(31) 

フォーミュラ違いの同名色で、色の差が大きいものをピックアップ。
フォーミュラごとに色をわざと変えている?配合ミス?攪拌不足?アメリカ製だからなあ・・・。
明らかな色名ラベルの貼り間違いは除いている。
蛍光灯で撮影。

1. EM Golden Medium (Intensive) 肌に塗ると赤濃い
2. EM Golden Medium (SM)
3. Meow Ocicat 3 (Flawless) 緑寄り
4. Meow Ocicat 3 (Pampered)
5. EM Light Almond (SM)
6. EM Light Almond (Intensive) 白い

粉色。
foundation_swatch

オイル溶きすると、粉色ほどの差はない。
ファンデ_スウォッチ

これは攪拌不足だと思われる Meow Ocicat 3 (Flawless)。
ピグメント

色調整用パウダー(5) 

黄酸化鉄と色調整用パウダーなどを比較。
2、3は日光だと赤い。

1. EGM Yellow (Tweakers)
2. EGM Soon (CMファンデ)
3. TKB 黄酸化鉄
4. Joppa Yellow (Pigment Adjusting Base)
5. DW Creme Butter (FP。Clay&Silica)

一部オイル溶きして、窓際の日光で撮影。
Adjuster_swatch

一部オイル溶きして、蛍光灯で撮影。
スウォッチ

オイル溶きして、蛍光灯で撮影。
ティッシュ塗り

蛍光灯で撮影。
スウォッチ

オイル溶きして、蛍光灯で撮影
スウォッチ

ブラシ(4) 

デカすぎた TKB Momma Synthetic Dome Kabouki、今は髪ゴムでしばって毛先の広がりを調節して使っている。この状態でもふんわりマット&白浮きに仕上がる。

brush
左がTKBのブラシ、右はMADの Superior Kabuki Brush。

TKBのブラシで EGMのCoverMeファンデを塗ってみたら、ふんわりクリミーな仕上がりになった。MADブラシだとこってりクリーミー&テカテカだったのに。崩れ方もナチュラルになった。
「ブラシによって仕上がりが違う」ってこういうことだったのね。

メモ
○ EGM(CM) ふんわり、ツヤ減、崩れ方ましに。でも色合わない
○ EM(Ma,SM) ツヤ減、粉浮き減。でも色合わない
△ Buff'd(Or) ツヤ同、粉浮き同
× DW(Luna,Nova) ツヤ減、白浮き増
× Lauress(Et) ツヤ減、白浮き増
× Joppa(FC) ツヤ同、白浮き増、モチ悪
× Joppa(SC) ツヤ減、モチ悪
× Meow(Flawless) ツヤ減、白浮き増

ファンデの色(30) 

Buff'dの黄ファンデと、色が似ていそうな他のファンデ。粉色スウォッチはコチラ

1. Joppa 2.5 light (SC)
2. Buff'd Awaken Medium-Light (これはコンシーラ)
3. Buff'd Ginger (Concealingファンデ)
4. Buff'd Ginger (Originalファンデ)
5. Buff'd Golden light (Originalファンデ)
6. Lauress Soft Yellow (Ethereal)

一部オイル溶き。窓際の日光で撮影。
foundation_swatch

オイル溶き。蛍光灯で撮影。
スウォッチ

Gingerは黄寄りかオリーブ寄りかなと予想していたが、そうではなくてGoldenと似た色系統に見える。
Gingerのほうが明度濃く、少し赤が多い。

ファンデの色(29) 

黄酸化鉄を基準にして、黄ファンデの色あいを比較。蛍光灯で撮影。

1. TKB 黄酸化鉄
2. EM Winged Butter(SM) ピーチ
3. MAD Olive Light-Medium ピーチ
4. Alima Golden2 似てる
5. Alima Golden3 茶色い
6. Lauress Soft Yellow (Ethereal) 似てる
7. Lauress Radiant Yellow (Ethereal) 似てる
8. EGM Yuan Yuan (CM) 赤黒い
9. MAD Golden Medium オレンジ
10.Joppa 2.5 light(FC) 茶色い

fd_29_kk_k2_or4.jpg


ファンデの色(28) 

黄酸化鉄、EGMファンデの黄色っぷり&彩度を比較。蛍光灯で撮影。

1. TKB 黄酸化鉄
2. EGM Kaylee (CM)
3. EGM Yuan Yuan (CM)
4. EGM Soon (CM)
5. EGM Anastasia (CM)
6. EGM Reico (CM)

fd_28_kk_k2_or.jpg

Soonは黄色いが、それ以外はイマイチ。
KayleeとYuan Yuanはけっこう赤い。

ファンデの色(27) 

黄酸化鉄、色調整用パウダー、ファンデの黄色っぷりを比較。蛍光灯で撮影。

1. Meow Angora 3
2. EGM Yellow (Tweakers)
3. Meow Angora 4 (コンシーラ/廃番)
4. DW Ixfab (Luna)
5. TKB 黄酸化鉄
6. Joppa Yellow (Pigment Adjusting Base)
7. EGM Soon (CM)

fd_27_kk_k2_rd.jpg

どれもなかなかの黄色っぷり。でも1と4以外は赤みを感じる。
この中では7の赤みが少し強めだった。

色調整用パウダーの色(4) 

TKB Trading のピグメント。各1.5ドル。蛍光灯で撮影。

1. Yellow Oxide 黄酸化鉄。黄土色
2. Chromium Oxide Green 水酸化クロム。濃い緑
3. Ultramarine Blue ウルトラマリン。目が覚めるような青

swatch

ファンデの色を調整するために買ったが、黄酸化鉄自体に赤みがあるので、濃いレモンイエローとか黄緑に調整するのは難しそう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。