スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスティ ローダーのファンデ 

エスティローダーのダブルウェア ステイインプレイス メークアップの色。
色番はSAND。

左:ダブルウエア、右:マキアージュ(BO20)。蛍光灯で撮影。
ファンデ_スウォッチ

左:こってり、右:薄く伸ばしたダブルウェア。蛍光灯で撮影
Foundation_swatch

手の甲に塗って、直射日光で撮影。
ESTEE LAUDER  Double Wear Stay In Place Makeup

外資にしては、黄色い色出し。
赤黒顔に塗ったら白浮きした。
リキッドファンデって塗るのが難しい。

スポンサーサイト

耳コピ支援ツール WaveTone 

パソコン雑誌を読んでいたら、「耳コピによる採譜を支援するフリーソフト WaveTone 」という記事を発見。耳コピに挫折していた曲で試してみた。

マイナー曲

おお~!音を視覚で確認できる~!
この WaveTone、音を視覚化するだけでなく、スロー再生もできるし、再生しながらパソコンで音を鳴らせるし、むっちゃ便利です。製作者様ありがとう!

解析した曲はボーカル無しのカラオケ版。上記の部分で使われている楽器(音色)はベース、ピアノ、控えめドラム類、ときどきギターと効果音。
楽器数が少ないので、解析向きの曲です。

これを採譜したものがコチラ。自分ルールで書いた変な楽譜です。
楽譜もどき

どうしても66小節めのコード進行を弾きたかったので、初めて楽譜を書いてみた。
8小節を採譜するのに12時間かかった・・・どんだけ耳コピ(目コピ?)能力が低いんだか。

それにしても、音楽教室に4年も通っていて、楽譜を読み書きできないのはなぜなのか。
音の高さはドから数えるし、#♭が2つ以上あると訳が分からない。
4分音符は読めるけど、8分音符以下はタイがつくと訳が分からない。
初見で弾ける人の脳ってどうなってるんだろう。右脳かな?

肌質変化とファンデ再考 

中年になってもオイリーだった肌質が、今年に入って乾燥肌に傾いてきた
秋になって乾燥肌が加速しているらしく、ファンデのノリが悪くなってきた。この歳になって初めて「化粧がのらない」というのを実感した。

今までは、MMUの中で一番マットだといわれるJoppa(Full)でもセミツヤになっていたのだが、今はちゃんとマットになる。そして肌から浮いてしまう。
テッカテカだったJoppa(Soft)が、今はセミツヤになる。
ツヤツヤだったLaurEss(Ethereal)はセミマットになる。

うーん、オイリーゆえマットな質感にこだわっていたけど、考え直したほうが良さそうだ。
顔全体がテカるから、と今まで却下していたファンデも試し直してみるか。

このまま乾燥肌が続くのであれば、
・ファンデはセミマット~セミツヤといわれるものにする
・今もオイリーなTゾーンは、プライマーかFPでテカリを押さえる
というのが良さそう。

というわけで、手持ちのMMUファンデを試し直します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。