スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタカー(1) 

サンフランシスコ空港でレンタカーを借りた。覚えている範囲で手順をメモ。

期間:2009/11/23-2009/11/28の6日間
予約:HotWire
レンタカー会社:Enterprise(準大手)
車のサイズ:Medium
車種:Ford Focus。CDプレイヤーと衛星ラジオが装備されていた
価格:220ドル。レンタル代+税+空港税
保険:レンタカー会社の保険には入らなかった。自宅用の車の保険がレンタカーもカバーしていたので。もし入れば一日あたり30ドルほど追加になる

借りる
1.空港に到着したら、看板に従ってモノレールに乗り、レンタカーセンターに行く。
2.レンタカー会社のデスクがずらっと並んでいるので、予約した会社のデスクで受付をする。
このとき、私たちは「車のサイズ」と「借りる場所」を変更してもらった。残っている車に余裕があれば変更してもらえるみたい。
HotWireで格安で予約していたので、サイズを変更したら料金大幅アップかと思っていたが、30ドルの追加で1サイズ大きくしてもらえた。市内だけならばCompactサイズでよいのだが、山越えをするのでMediumサイズに変更した。
サンフランシスコ空港で予約しているつもりだったのだが、間違えてサンフランシスコ市内で予約していたらしい。「借りる場所はここではなく、市内ですよ」と言われたときはあせったが、空港税の追加で場所を変更してもらえた。Hotwireでサンフランシスコ空港で検索したのだが、検索結果に市内のものが混じっていたのだろう。次回から注意せねば。
3.指示された駐車場に、エレベーターで移動する。
4.駐車場の受付コーナーに行く。
5.係員が該当サイズの車を見せてくれるので選ぶ。
日本車にしたかったのだが、Mediumサイズは日本車がなかったのでアメ車を選択。スーツケースを積もうとしたら、ハッチバックの荷物を隠すための黒幕が無くなっていたので、他のアメ車に変更。細かい傷だらけの車だった。
ちなみに日本車は、CompactサイズならばToyota Yarisのセダン、StandardサイズならばNissanのセダン(車種失念)があった。
6.保険や車の傷について説明される。駐車場の券を渡される。
7.GO!
8.駐車場を出るときに、さっきもらった券を機械に入れる。駐車券は返ってこないが、問題なかった。無料駐車券だったのかな?
注意:レンタカーセンターの住所や地図をもらっておくこと。

返す
1.返却コーナーに車を止めて、係員が順番に回ってくるのを待つ。
2.係員が車をおおざっぱに点検。
3.係員から請求書を渡される。
これで終わり。実にあっさりしてた。

修理費用
レンタカーってパンクしたり故障したりしたら、レンタカー会社が費用を負担してくれると思ってたけど、そうじゃなかった。自腹か保険で支払うことになる。

trank.jpg
Ford Focusのトランク。狭い。
大小のスーツケース1個ずつで横幅がいっぱいになる。スーツケースがスライドしなくてちょうど良かった。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。