スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本からアメリカへの船便・航空便 

船便

2007年1月に、日本からアメリカ行きの船便を2箱を同時に出した。
近所の大型郵便局に出しにいったのだが、自宅にも取りにきてくれるらしい。

到着までに5~6週間かかった。
1箱めは到着に5週間かかった。少しお皿を入れていたのだが、割れずに届いた。運が良かったのと、丁寧に梱包したのと、丈夫なダンボール箱だった(引越し業者用)おかげだろう。

もう1箱は到着に6週間かかった。こちらはダンボールが破れていてビニールテープで補強されて届いた。靴下を入れた小袋が無くなっていた。1000円ぐらいの損害だったのであきらめた。
こちらは、近所のホームセンターで買った丈夫でないダンボール。

航空便

すべて引越し業者から出した航空便。日本→アメリカ。


電化製品を壊された。
新品ビデオプレイヤーの内部の部品が外れ、内部の板が曲がっていた。FRAGILEシールが貼られていなかったので(引越し業者貼り忘れ)、アメリカの空港で投げられたんだろうなあ。
プリンターも壊れた。こちらはFRAGILEシールが貼られていた。
引越し業者から、なるべく電化製品(とくにパソコン)は航空便では送らないように指示をされていた。航空便の扱いは雑らしい。


税関チェックでインスタントラーメンを没収された。チキンラーメンだったので、これはしょうがないです。


航空便なのに、到着に3週間かかった。
税関チェックに引っかかったらしい。


ダンボール箱が壊れたので、違うダンボール箱に入れ替えられて届いた。紛失多数。かわりに野球ボールが入っていた(笑)。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。